スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿しょにち夜!りゅうたま@battyan

合宿初日夜卓
りゅうたまにPLとして参加させていただきました。

まず始めに
合宿初日+夜のせいもあっておかしなテンションで、セッションが行われたこと
それに加え
録音データが吹っ飛ぶという悲しい出来事があり
すっごく曖昧なものとなっております。
それでも大丈夫!という方のみ
続きをご覧ください。

タイトルは…
『「インド?」「Yes!」「雪だるま?」「Yes!」「Yes?」「Yes!」「「Yes!」」』
レベルは4で、自分は魔法使いてきなものをやりました。
ヒーラー/マジックだった気がします
あと、アルパカ飼ってました
非戦当時は薬草とって味方を回復させ
また、バフを味方にうって判定の成功率をあげたりする役目でした。が
手に入れた薬草を、保存するアイテムを買い忘れ、てにいれたその日のうちに意味なく使ったりしていました。
選択した季節魔法は冬
マジカルこたつ、マジみかん(うろ覚え)という、こたつと本物のみかんを召喚する魔法やスノーボールストーム(うr)という、雪合戦(ただし敵味方関係なく巻き込む)する魔法に興味を引かれ選択しました。

シナリオ内容は
雪だるまを狩って鍋作ろうぜというものでした、GMが描いてきてくれた絵を見ていただくとわかりやすいのですが…。
絵はGMに見せてもらってください。
簡潔にいうと、雪だるまを狩ると美味しい野菜や、鍋料理が美味しくできるお鍋が手に入るので、それ使って美味しいお鍋をつくるのです。

あらすじ的ななにか

PC達が雪の積もる道を進んでいるとある街に辿り着く。
街の名前はインド、真っ白な街でタージマハルや便器が特徴的
挨拶は「Yes!」
慣れない挨拶に戸惑いながらも街に入ると、明日から祭りであることを知る。が宿場が満員で泊まれない。
そんなPC達に救いの手が!
いろいろあって一宿一飯の恩義を返すため、祭りに参加し、山を登り雪だるまを狩る。
とてつもないサイズの雪だるまと遭遇するも、「Yes!」と挨拶をし、なんとか撃破。(いつのまにかPC達が「Yes!」にしっかりと染まっていたのは言うまでもない)
大きな鍋に大量の野菜を手に入れ、下山
前衛二人はもう一度山を登りバイソンを狩猟
後衛二人は街で調味料を購入し
レッツクック!
審査員「まあうん。この野菜やバイソンの肉は美味しいよ、うん」
料理部門では惜しくも入賞を逃すが、鍋サイズ部門では余裕のトップに。
祭りを堪能したPC達はまた新たな街へと旅を再開したそうな。
米審査員のセリフは想像です


開幕に、ぱーちーの頭脳がフナッシー状態にに陥ったり
私が思いついた画期的な、薬草の保存方法がGMに即却下されることが、二回ほどあったり
下山中に
「ちょっと今晩の飯狩ってくるわ」
「すまん、怪我した。」
「ちょっと薬草とってくるわ」
「すまん、毒に侵された」
と、クライマックス戦闘後に訪れるファンブルラッシュ。
恋人募集中のPC二人による、初めての共同作業である料理も…。。。
しかしまあ、一番酷かったのは、街の名前とか名所を考えてる時じゃないですかね。
あのテンションは異常だとしか…(笑)

まえからりゅうたまを、やってみたかったこともあって、すごく楽しかったです。
魔法もいろいろあって、ほかの季節魔法や、今回使えなかった魔法を
次の機会でも、魔法使いをやって試してみたいと、思いました。

終わり!
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エンターテイメント研究会

Author:エンターテイメント研究会
エン研にようこそ! HPです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。